お茶の淹れ方

岡山辻利園のお茶淹 れ説明


岡山県のお茶の辻利園 お茶の淹れ方講座

よいお茶を飲んでいただくなら、美味しく淹れたいもので す。

ほんの少しのポイントを掴んで美味しくお召し上がり下さい。

「煎茶」のワンポイントアドバイス

爽やかな飲み口で甘味と 渋味が楽しめるのが煎茶です。

1、人数分のお茶碗にお湯を淹れて適温に冷まします。
2、お茶葉を一人分約3g、二人分で5~6gを目安に急須に淹れます。
3、湯冷まししたお湯を急須に淹れ、高級煎茶なら2分、並煎茶なら1分程待ちます。
  (湯温は高級煎茶で70度、並煎茶で80度が目安です。)
4、お茶を均等に湯呑に注ぎ回します。最後の一滴まで注ぎ切るのがポイントです。

「玉露」のワンポイントアドバイス

甘味が強く味わい深い香 りが特徴の玉露。その玉露を美味しく飲むコツは・・・

1、小ぶりのお湯飲みお湯を注いでおきます。湯温は50度~60度が目安。
2、お茶葉を二人分で約8g淹れます。
3、湯冷まししたお湯を急須に淹れます。
4、約2分半程かけてじっくりだし、お茶を均等に湯呑に注ぎ回します。
  
二煎目は、少し熱めのお湯で出すとまた違ったさらっとした風味を愉しむことができます。
玉露は口の中で転がすように飲むのがポイントです。

「番茶」のワンポイントアドバイス

番茶は、ほうじ茶・玄米 茶・柳・粉茶をさします。
誰にからも愛される味と香りが魅力な番茶の淹れ方は・・・

1、お茶葉を急須に淹れる。3人分で約10g
2、熱湯を注ぎ、厚手の大ぶりな湯呑にサッと出します。ここがポイントです。
3、お茶を出す際は均一に最後の一滴まで出して下さい。
  あまり湯温等を難しく考えなくてよいお番茶を是非お召し上がり下さい。


ページ上部に戻る